HOME > 出演者情報

出演者情報

増井信貴

メールにURLを送る
増井信貴

プロフィール

桐朋学園大学指揮科卒業。岡部守弘、斎藤秀雄、小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、フランコ・フェラーラ、レナード・バーンスタインの諸氏に師事。1978年ダングルウッド音楽祭にスカラシップコンダクターとして参加し、同音楽祭のオーケストラの指揮。1982年にはパリ・オペラ座に招かれ、オペラ上演にかかわりつつ研鑽を積んだ。日本でも数多くのオペラ上演に参加、その手腕を高く評価された。1989年文化庁派遣在外研修員としてミュンヘン、バイエルン国立歌劇場に留学。ヴォルフガング・サヴァリッシュ氏のもとで数多くのオペラ上演に助手として参加した。1889年群馬交響楽団の指揮者に就任。1991年ウィーン・フィルのメンバーで構成されるウィーン木管アンサンブルと共演。その様子はウィーン・フィル創立150周年記念ドキュメンタリー番組「ウィーンはいつまでもかわらない」にとりあげられ全世界で放送された。1992年新進のチェロ奏者マット・ハイモヴィッツと共演。1997年11月には、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ指揮新日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会で、ブリテン「戦争レクイエム」小オーケストラの指揮を務めた。1998年2月に開催された長野オリンピック開会式の「第九」演奏においては、合唱とオーケストラをまとめる指揮者のひとりとして演奏に携わった。
得意とするオペラはこれまでに日本初演「イル・カンパネルロ」をはじめ、「フィガロの結婚」「魔笛」「劇場支配人」「カヴァレリア・ルスティカーナ」などを指揮し好評を得ている。
また、NHKテレビへの出演やサイトウ・キネン・オーケストラのヨーロッパ公演に副指揮者として同行している。京都市立芸術大学大学院教授、洗足学園音楽大学客員教授。
ページトップへ戻る