HOME > 過去の演奏会 > 出演者情報

出演者情報

冨岡和男

メールにURLを送る
冨岡和男

プロフィール

サクソフォーンを阪口新、大室勇一の両氏に師事。1965年東京芸術大学に入学、69年卒業。第38回日本音楽コンクール管楽器部門第1位入賞。サクソフォーン奏者として初めての第1位入賞を果たした。74年よりサクソフォーン四重奏「キャトゥルロゾー・サクソフォーン・アンサンブル」を主宰。76年、80年の民音コンクール室内楽部門では管楽器で初めて第2位に入賞した。ワールド・サクソフォーン・コングレスへの日本代表としての参加は、74年ボルドー(フランス)、80年シカゴ(アメリカ)、82年ニュルンベルク(ドイツ)、88年川崎(日本)、92年ペザロ(イタリア)と5回を数える。NHK交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団など、オーケストラのサクソフォーン奏者として活躍する他、吹奏楽との共演、録音など多岐にわたる演奏活動を繰り広げてきた。また、世界サクソフォーン評議会委員、日本サクソフォーン協会事務局長を歴任。各種コンクールの審査員も務めた。
ページトップへ戻る